公認会計士を目指す方へ!まずは国家資格の取得を目指そう

はじめに

公認会計士の資格は国家資格であり、難関だと言われています。その為、最近では公認会計士の資格取得を目指して、専門学校へ通う方も多いのです。もし、公認会計士の資格取得を目指しているなら、まずは専門学校へ通うメリットをチェックしましょう。

専門学校に通う4つのメリット

ノート

プロの講師から学べる

公認会計士の試験に合格している講師も数多く、実践的なカリキュラムが導入されているので、資格の合格率も非常に高いです。また、プロの講師から直接教えてもらえるので、効率的に学ぶ方法や正しい解答の仕方がハッキリとわかります。

試験対策の教材も充実

公認会計士のテキストや参考書は市販で入手することもできます。しかし、専門学校が提供するテキストはカリキュラムに応じて作られた特製品なので、他のテキストとは比べられない程、試験対策に特化しています。また、頻繫に行われる制度改正にも対応した最新の教材なので、勉強の質も高まります。

仲間やライバルに出会える

専門学校では同じ志を持った仲間やライバルに沢山出会うことができます。仲間やライバルがいれば、受験での悩みを相談することもできますし、お互いに切磋琢磨することが可能でしょう。また、高いモチベーションを持てるという意味でも大きな影響力があります。

本試験での解答の書き方がわかる

公認会計士の専門学校では、通常の講義のほかに答練を用意しています。答練とは答案練習の略で、本試験のように答案を書く練習のことをいいます。答案を繰り返し行なうことで、本試験での解答の書き方も身に付くことでしょう。

専門学校での学費の問題

専門学校では年間に100万円ほどの学費が必要になり、経済的な負担が少なくありません。その為、専門学校への入学を断念する方も多いのです。奨学金制度を利用するという選択肢もありますが、入学を検討している場合、1度両親に相談してみるといいでしょう。

[PR]
公認会計士資格の勉強を進めよう
多くの人が利用している対策法とは?

企業に重宝される職業!公認会計士の資格と仕事内容

電卓

そもそも公認会計士って何?

近年では、ビジネスのグローバル化に伴って、企業の会計に関する業務を代行する公認会計士の需要が高まりつつあります。公認会計士とは、会計に携わる仕事の中でも最高峰の資格で、企業の税務処理や監査、コンサルティングなど、財務や経理関連を主な仕事としています。

女性

公認会計士の魅力

公認会計士は企業の財務管理やコンサルティングを通じて、企業の経営に携わることができるので、日本経済の現在を身をもって知ることができます。また、公認会計士は事務的な仕事が多いので男性に限らず、女性も平等に活躍することが可能です。しかも、資格取得すれば、職場復帰もしやすい環境にあるので、長く働きたいという方にはオススメな職業でしょう。

勉強

公認会計士の年収

公認会計士は国会資格を取得しなければ、就くことができない専門職業になります。よって、年収自体は一般的なサラリーマンよりも収入が高いことも多いのです。年収は人によって異なりますが、日本企業に在籍している方の平均年収がおよそ600万円程度、高収入の公認会計士ともなれば、800万円以上の年収を獲得しているといいます。

電卓

公認会計士になるには

前述した通り、公認会計士は資格取得が必須な職業になります。その為、公認会計士になるには、まず資格取得を目指さなければいけません。公認会計士の国会試験は毎年実施されており、その試験に合格すれば仕事に従事することが可能です。しかし、公認会計士の資格は取得難易度も高く、2年~3年の勉強が必要と言われています。公認会計士を目指す場合、時間をかけてでも資格取得を目指す覚悟を持って臨むようにしましょう。